海外でトラネキサム酸はどう評価されている?

 

トラネキサム酸には、代表的な3つの作用があります。

  1. 止血作用
  2. のどの炎症などをおさえる作用
  3. シミや肝斑の改善作用

 

日本では「シミや肝斑の改善作用」があるとしてトラネキサム酸を使用しますが、海外では美容目的で使用することはほとんどありません。また、のどの炎症をやわらげるトラネキサム酸の作用についても、海外ではあまり認識されていないのです。つまり、海外でトラネキサム酸を使用する場合の多くが、止血効果を目的とした利用だといえます。

 

なお、海外でトラネキサム酸の使用がはじまったのも、それほど昔の話ではありません。2009年にはアメリカの政府機関であるFDAによって、トラネキサム酸(成分名:トラネキサム酸)が月経出血の治療薬として承認されています。また、2010年にはイギリスでも、大量出血の患者にトラネキサム酸を使用することで、死亡リスクを低下させることが認められ話題になりました。

 

しかし、繰り返しになりますが、トラネキサム酸がのどの炎症をおさえる効果について、海外での認知度は低いのが現状といえるでしょう。

 

トラネキサム酸を海外で購入するならいくらになる?

 

海外でのトラネキサム酸は、最近になってやっと治療に役立つと認められた医薬品であるといえます。そのため、まだその存在を知らないという人も多いでしょう。そのような医薬品の場合、価格はどう設定されているのでしょうか。

 

はじめにカナダの個人輸入業者から見てみましょう。以下がトラネキサム酸(英語表記:Tranexamic acid)となります。

 

 

ここでは100錠あたり166米ドルで販売されています。これを日本円に換算すると約18000円になります。これを日本の個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば、200錠を6000円ほどで購入できます。つまり販売価格を比較すると、6倍ほどの差がでることがわかります。

 

つぎは、オーストラリアA社のケースです。

 

 

こちらは120錠あたり103米ドルです。日本円で約12000円なので、カナダと比べると安いけれど、オオサカ堂と比べると4倍ほどといったところです。

 

これらの結果から判断できるのは、トラネキサム酸の市場価格を海外と日本で比較すると、2~3倍ほどの差があるということです。その理由は、シミ・肝斑対策に効果があることがあまり知られていないことと、トラネキサム酸の普及が進まないことにあると考えられます。

 

また、これまでに海外の個人輸入サイトでの価格を例にあげてきましたが、日本に住んでいるのであれば購入はできません。なぜかというと、その国に住んでいる人たちを対象にしているからです。そのため、もしトラネキサム酸を個人輸入で購入したいと考えるなら、日本でも利用できるオオサカ堂などで購入するとよいでしょう。

 

バンコクの薬局でトラネキサム酸を購入するメリットは?日本で購入するよりお得?

 

トラネキサム酸はタイのバンコクに行くと薬局で購入できます。価格は500mgが100錠入りで380バーツになります。これは日本円でいうと1200~1300円ほどの価格です。100錠は2ヶ月分にあたる量なので、1ヶ月分の価格は約600円とかなり安く購入することができます。

 

たとえば、タイ旅行の予定があったり、仕事でバンコクに滞在するなどの場合に、ついでに購入するというのもひとつの手ではあります。

 

ただし、注意が必要な点もあります。それは、タイから日本に持ちこめる医薬品の量に制限があることです。持ち込みが許されているのは2ヶ月分の医薬品です。さらに個人輸入とみなされれば、さまざまな書類の提出が求められ「こんなはずではなかった」と後悔するかもしれません。そういっためんどうな事態をさけるのであれば、オオサカ堂のような個人輸入代行業者を利用するほうが安心といえるでしょう。