トラネキサム酸を服用したらドーピングになる?

 

ドーピングときくと、アナボリックステロイドをはじめとする筋力増強剤などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、本人がそういった禁止薬物を避けていたにもかかわらず、知らずに禁止薬物を摂取していることもあります。そういった場合、競技大会などで不正行為をおこなったとみなされ失格となることもあるのです。

 

例をあげるなら、ラシックス(成分名:フロセミド)という医薬品も禁止薬物に含まれます。もともとラシックスは利尿作用を目的として服用する医薬品ですが、むくみをとる作用もあります。そのため、女性であれば美容目的として使用するケースもあります。このように医薬品としての認識がないまま服用し、ドーピングに引っかかるということもあります。

 

なお、トラネキサム酸も美容目的として使用される医薬品なので、禁止薬物かどうか気になるところです。しかし、トラネキサム酸は禁止薬物には含まれていないのです。

 

参考ページ:アンチ・ドーピングガイドブック - 日本薬剤師会
※「使用可能例」の一覧に掲載されているので、使用可能ということ。

 

このことは、アンチドーピングガイドブックの「使用可能薬例」で確認できます。上記はそのリストであり、トラネキサム酸の記載があることがわかります。したがって、トラネキサム酸を服用してもドーピングとはみなされないのです。

 

禁止薬物リストの最新情報を確認したいときは?

 

トラネキサム酸を服用してもドーピングにはなりません。しかし、それは日々更新されている情報であり、今後どうなるかは不明です。なぜなら、禁止薬物リストの内容は1年ごとに更新されているからです。禁止薬物リストにトラネキサム酸がはいる確率はとても低いといえます。とはいえ、競技大会にでるのであれば、念のため最新情報を確認しておきましょう。

 

最新情報は、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)公式サイト上の禁止薬物リストで確認できます。この薬物禁止リストは「Prohibited List」と表記されており、WADAによって毎年更新されています。

 

参考ページ:WADA公式サイト

 

すべて英語なので戸惑うかもしれませんが、「Tranexamic acid」がトラネキサム酸(トラネキサム酸)にあたります。つまり、「Prohibited List」のページで「Tranexamic acid」でワードを検索し、ヒットしなければ問題ないということになります。

 

なお、ラシックス(成分名:フロセミド)が禁止薬物であることはさきほども解説しましたが、英語表記である「furosemide」でリストを検索すると

 

 

上記のように表示されます。つまり、禁止薬物に含まれる医薬品であると判断できるのです。

 

おなじ方法で、ほかの医薬品についても確認することができます。もし、トラネキサム酸だけでなく、ほかの医薬品も服用しているのであれば、ドーピングの禁止薬物でないか確認しておくことをおすすめします。