トラネキサム酸といっしょにお茶や牛乳を飲んでも大丈夫?

 

医薬品のなかには、お茶や牛乳と相性が悪いものもあります。そうしたことから、トラネキサム酸との飲み合わせについて心配する人がいるかもしれません。

 

ここからは、トラネキサム酸とお茶や牛乳、グレープフルーツとの関係について見ていきましょう。

 

そもそもお茶や牛乳が問題になるのはなぜ?

 

医薬品のなかには、お茶や牛乳といっしょに飲まないほうがよいとされるものがあります。そこで、お茶や牛乳が問題になるケースについて、例をあげてみましょう。

 

(トラネキサム酸とアルコールの関係については、 >>お酒(アルコール)の摂取は?飲酒に悪影響はある? を参考にしてください)

 

コーヒーやお茶に含まれるカフェイン

 

カフェインはコーヒーやお茶だけでなく、栄養ドリンクなどさまざまな飲み物・食べ物に含まれています。このように多くの人が摂取する可能性のあるカフェインですが、相性がわるい医薬品もあるのです。

 

  1. 睡眠薬や抗不安薬を服用している場合、カフェインの覚醒作用が薬の作用を打ち消してしまう。
  2. 覚醒作用がある医薬品を服用している場合、カフェインの覚醒作用がお互いの作用を強めてしまう。
  3. ぜんそく薬などの気管拡張薬とカフェインの血管収縮作用は相性が悪い。
  4. カフェインは胃酸分泌量を増やすため、逆流性食道炎を治療するための医薬品とは相性が悪い。

 

上記のように、カフェインにはいくつかの医薬品と相性が悪いといった特徴があります。

 

紅茶や烏龍茶に含まれるタンニン酸

 

「タンニン酸」は紅茶や烏龍茶、煎茶、ジャスミン茶などに含まれています。一般的には健康によいとされ、悪玉コレステロールを減らしたり、抗酸化作用があるといわれています。いっぽう、鉄の吸収を阻害する作用もみとめられています。そのため、貧血治療に使用される鉄剤の吸収をじゃましたり、貧血になりやすくなるともいわれています。

 

牛乳などの乳製品に含まれるカルシウム

 

カルシウムは現代の日本人にとって不足しがちな栄養素です。そのため、カルシウムを豊富に含む牛乳などを積極的に摂取している人も多いでしょう。しかし、相性の悪い医薬品は意外と多いのです。

 

  1. 医薬品によっては、牛乳と一緒に服用することで2倍以上に吸収時間が早まる。
  2. 医薬品によっては、牛乳と一緒に服用することで吸収時間が遅くなる。

 

牛乳と医薬品の飲み合わせが問題になるのは、上記のように吸収される時間にかかわるケースであることが特徴です。

 

グレープフルーツはCYP3A4の作用を阻害する

 

「CYP3A4」は体内に存在する酵素であり、医薬品を代謝・分解する働きをもっています。しかし、グレープフルーツの成分にはCYP3A4の働きをさまたげる力があることがわかっています。つまり、CYP3A4にかかわる医薬品を服用中にグレープフルーツを摂取すると、薬成分の代謝や分解に時間がかかり、血中濃度が下がりにくくなるのです。

 

それらに該当する一部の抗生物質を服用する場合は、果実を食べることやグレープフルーツジュースを飲むことを控えなければなりません。また、果汁入りのお菓子であっても食べないほうがよいでしょう。

 

医薬品と相性が悪いとして、お茶や牛乳などの飲み物が問題視されるのは、これら4つのいずれかとなります。

 

トラネキサム酸とお茶・牛乳をいっしょに飲むことの影響は?

 

これまでに解説したとおり、お茶・牛乳などと医薬品との相性が悪いとされるのは

 

  1. カフェイン
  2. タンニン酸
  3. 牛乳
  4. グレープフルーツ

 

以上の4つです。気になるトラネキサム酸との相性はどうなのでしょう。結論からいうと、ほぼ問題ないとされているのです。

 

カフェインとの相性

・トラネキサム酸は覚醒作用がないため、カフェインの覚醒作用による心配はない。まれに眠気がでることがあるが、それは副作用によるものである。したがって眠気がカフェインによって打ち消されたとしても、シミや肝斑対策に影響することはない。

 

なお、すこしだけ注意が必要とされるのは、血栓をつくりやすくするトラネキサム酸の働きと、カフェインがもつ血管収縮作用の相性が良くない。

タンニン酸との相性 ・トラネキサム酸の作用に鉄分とのかかわりはないため、タンニン酸との相性に問題はない。
牛乳との相性 ・トラネキサム酸の吸収が、牛乳を飲むことで変化することはない。
グレープフルーツの相性 ・トラネキサム酸とCYP3A4との関係はなく、グレープフルーツを食べたからといって、おたがいの作用に影響することはない。

 

上記はそれぞれの成分とトラネキサム酸との相性をまとめたものです。飲み合わせはほぼ問題ないとされていますが、一点だけ注意することがあります。それは、カフェインがもつ血管収縮作用です。カフェインには血圧を上昇させやすくする作用があるため、血栓を作りやすいトラサミンの作用とは相性が悪いといえます。しかし、カフェイン禁止とするほど影響は強くありません。とはいえ、トラネキサム酸を服用しているなら、カフェインは控える程度の配慮は必要でしょう。

 

カフェイン以外で、トラネキサム酸の作用に影響をあたえるものはありません。相性としてはよくも悪くもないため、飲み合わせを心配する必要はないでしょう。

 

トラネキサム酸をお茶や牛乳で服用するのは避けて

 

ここまで、トラネキサム酸とお茶・牛乳の相性はとくに問題ないことを解説してきました。しかし、そうはいってもトラネキサム酸の服用する際にお茶や牛乳を飲むのは避けたほうがよいでしょう。

 

その理由は、トラネキサム酸は水で服用することを前提にして、用法・用量が定められているからです。つまり、お茶や牛乳で服用するとは考えられておらず、どうなるかわからないのです。

 

とはいえ、深刻な問題がおこることはないでしょう。しかし、トラネキサム酸の作用をよわめる可能性がないともいいきれません。仮にそうなれば、シミ・肝斑の改善を遅らせることになります。したがって、トラネキサム酸の効果を得るためには、水で服用することが大切だといえるでしょう。