トラネキサム酸を過剰摂取する可能性はどのくらい?

 

過剰摂取が起こりやすいのは、睡眠薬や抗不安薬などの依存性や耐性形成が強い医薬品などです。耐性がついてしまうと薬の効果を感じにくくなるため、通常では考えられない量の医薬品を服用することがあります。また、精神バランスをくずすことにより、突然大量投与してしまうこともあるのです。過剰摂取のことを「OD」ということもあります。オーバードーズの略で、医薬品などを大量に摂取することをさします。

 

トラネキサム酸は依存性や耐性形成が強い医薬品ではありません。そのため、過剰摂取のリスクがあるとは考えにくいといえます。とはいえ、シミや肝斑の改善効果が思ったように得られない場合「もっと量を増やせば効果があるかも?」と過剰摂取にいたる人はいるかもしれません。

 

さらに大量投与する可能性が高いのは、トラネキサム酸といっしょに睡眠薬や抗不安薬を服用しているケースです。なお、この組み合わせで併用することじたいに問題はありません。しかし、睡眠薬や抗不安薬によってODしそうになったとして、たまたま近くにトラネキサム酸が置いてあれば、大量に服用してしまうという可能性はあるでしょう。

 

トラネキサム酸を服用することによって過剰摂取にいたる可能性はほぼないといえます。ただし、可能性がまったくないわけではなく、状況によっては大量投与にいたってしまうかもしれません。

 

トラネキサム酸の致死量はどのくらい?

 

過剰摂取をすることで、いちばん気になるのは致死量ではないでしょうか。もし、トラネキサム酸を大量に服用したとして、命にかかわるような事態になるのか心配する人もいるでしょう。

 

医薬品の致死量を知りたいのであれば、LD50のデータを確認するとよいでしょう。LD50とは半数致死量のことで、動物に投与した結果、半数が死んでしまう薬の量です。

 

トラネキサム酸のLD50は

 

種別 LD50
ラット 4620mg/kg
5310mg/kg

 

上記データとなります。つまり、トラネキサム酸をおよそ4000~5000mg(体重1kgあたり)の動物に投与した場合、半数が死亡したという結果がでたということです。

 

もちろんこのデータが、そっくりそのまま人間に当てはまるかどうかは不明です。しかし、人間の体重を50キロとして計算すると、半数致死量は250000mgという結果となります。これは、250mg錠のトラネキサム酸を、1000錠を服用した場合の量となります。

 

現実的に考えると、トラネキサム酸を1000錠服用することは不可能でしょう。つまり、トラネキサム酸をODしたからといって、死亡することはほぼないと考えられます。とはいえ、半数致死量(LD50)は服用した動物の50%が死亡したというデータに過ぎず、100錠くらいなら命に危険はないと断定することもできません。したがって、半数致死量に達しないまでも大量にトラネキサム酸を服用すれば、低確率ながら命の危険もあるといえるでしょう。

 

トラネキサム酸を過剰摂取することで生じるリスクとは?

 

トラネキサム酸を大量服用すると、場合によっては死亡する可能性もあります。なお、そこまで深刻ではなくても、さまざまな危険性があるのです。

 

まず、トラネキサム酸を過剰摂取する人によく見られるのは、トラネキサム酸以外の医薬品も併用していることです。そうした場合、何種類かの医薬品による副作用がまとめてあらわれるため、症状が深刻化します。意識がもうろうとするくらいならまだマシですが、外出中であれば転んでけがをしたり、交通事故に巻きこまれる可能性もあります。もっとも最悪なのは、自動車を運転中に症状がでて、無関係な人を傷つけることでしょう。

 

さらに、医薬品の種類によっては、後遺症に苦しむこともあります。ODには本人だけでなく周囲までも巻きこむリスクがあるため、安易にODするのはぜったいにやめましょう。

 

もし大量摂取してしまったらどうすればいい?

 

トラネキサム酸やそれ以外の医薬品を大量服用してしまったらどう対処すればよいのでしょうか。その対処法は2通りあります。まずひとつめは意識がある場合です。この場合はそれほど心配する必要はないでしょう。薬の作用が消えるまで、しずかに横になっていればよいからです。このとき注意したいのは、無理に薬を吐きださないことです。食道が胃酸によってダメージを受ける可能性があるため、むしろ何もしないことが重要です。

 

つぎに意識がない場合の対処法です。この状態であれば急いで救急車を呼ばなくてはなりません。どのような処置が行われるかは、状況によってことなりますが、大量に薬を服用した場合は胃洗浄などを行うことが多いとされています。

 

トラネキサム酸だけを服用して大量摂取する可能性は低いですが、ほかの医薬品と併用してODするケースは考えられます。ODをふせぐためには、服用中の医薬品にどんなリスクがあるのかをただしく知ることが大切です。また、用法・用量を守ることは自分の体を守ることにつながるため、むやみな服用はぜったいに避けましょう。