トラネキサム酸を服用中にお酒(アルコール)を飲んでも大丈夫?

 

医薬品のなかには、アルコールとの相性が悪いものがあります。たとえば調剤薬局などで医薬品をうけとる際に、お酒を控えるよう説明をうけたという人は少なくないでしょう。そこで気になるのが、トラネキサム酸とアルコールの相性です。

 

ここからは、トラネキサム酸とアルコールの関係について見てみましょう。

 

アルコールについてトラネキサム酸の添付文書にはどう書いてある?

 

アルコールと併用禁忌とされている医薬品には、それなりの理由があります。併用することで、医薬品の効果が半減したり、副作用リスクが高まることがあるのです。

 

つまり、アルコールによって影響がでる医薬品には、服用中はアルコールを避けるよう添付文書に記載があるはずです。しかし、トラネキサム酸の添付文書には、アルコール・お酒などの文字は見あたらないのです。なお、成分名にある「アルコール」は、ここでいうお酒などのアルコールとは無関係です。

 

参考ページ:トラネキサム酸添付文書

 

また、アルコールの依存性と医薬品の依存性、このふたつが合わさることでそれぞれの依存リスクが高まります。とはいえ、依存性という点では、トラネキサム酸は心配ありません。トラネキサム酸には依存性がないため、アルコールの依存リスクにおいては関係ないといえます。

 

こういった理由から、トラネキサム酸とアルコールの組み合わせで、深刻なケースにつながることはほぼないといえます。

 

お酒を飲んだらいけない場合ってどんなとき?

 

アルコールとトラネキサム酸の併用について、添付文書を確認してもとくに問題は見あたりません。とはいえ、状況によってはお酒を控えたほうがよいこともあるのです。

 

なぜなら、トラネキサム酸とアルコール、それぞれの副作用が強まって、ひどい症状としてあらわれる可能性があるからです。

 

  1. 食欲不振
  2. 悪心
  3. 嘔吐
  4. 下痢
  5. 胸焼け

 

>>副作用|吐き気や下痢、眠気が出る場合アリ

 

上記の症状は、トラネキサム酸の副作用になります。これらは消化器系の症状ですが、お酒を飲みすぎて気分が悪くなったり、二日酔いになった場合の症状とひじょうによく似ています。体質によっては、トラネキサム酸の副作用がでやすい人がいますが、そんな人がアルコールを併用すれば、深刻な副作用があらわれるかもしれません。

 

お酒が好きな人が、お酒を控えることは簡単ではないでしょう。とはいえ飲みすぎには注意が必要です。もしお酒を飲むなら、飲酒量を減らすかアルコール度数の低いお酒を選ぶなどの対策をしましょう。